ネット恋愛のきっかけになるのはどういう時?

ネット恋愛のきっかけは、ネットを普段から使う私たちにはよくあるものです。ではどんな時にネット恋愛が始まるのでしょうか。そのきっかけについてお伝えしていきましょう。

 

何気なく始めたSNS

周りがしているから自分もしてみようかなと思い始めたSNSで、仲良くなるようなことはとても多いです。相手から友達申請が来ていたので、写真から見て良さそうな雰囲気だから…と思い承認する場合も。

その後に、やりとりをするようになりLINEのIDを聞かれたので教えたらLINEにメッセージが来て、通話をするように。そのまましばらくやりとりをするケースもあれば、やりとりをする前に、すぐに会う話になることも。

でもここで出来るだけ相手のことを知っておく必要があります。会ってから分かると思うのではなくて、会う前に得られる情報は出来るだけ得ておきましょう。得ておいて損は無いのです。

やりとりの仕方から相手の人柄が分かることもあるので、冷静にやりとりを続けてみることが必要に。

 

動画配信サイト

動画配信サイトに登録をすると、動画を配信している人の動画を観ることが出来ます。例えば相手が弾き語りなどをしていたり、普通に話していたりする動画も。こういう動画は、その人の知り合いではなくても、観ることが可能です。

そして、動画を観ながら相手にチャットで話しかけられます。このチャットに対して配信者が話をするような場面も。動画が配信されるたびに観に行くようにしていれば、アカウント名を動画配信者が覚えてくれます。

そして、やりとりをしているうちになんとなく心が通い合うになるケースもあるでしょう。他にも動画を観ている人がいる場合は、個別でのメッセージを送ることも出来ます。観ている人同士で送り合うことが出来るサイトもありますので、そこでのやりとりもあるでしょう。

動画を楽しみながら、いつの間にかネット恋愛につながることもあるのです。

 

アバターを作って遊ぶサイト

アバターを自分で作って遊ぶようなサイトもあります。アバターは自分の顔に似せることも出来ますが、全然違う雰囲気にして作ることも可能。そのためアバターをイケメンにしておいたり、美人にしておけばモテるかもしれません。

アバター同士のやりとりは基本的にチャットや絵文字で行うので、相手の声を聞くことは無いのですが、チャットのやりとりをしていると声が聞きたくなってくる場合が多いでしょう。

そして「良かったらLINEのID教えて」などのようにして伝えれば、簡単に教えてくれるような場合も。自分から言う場合もあるかもしれません。数日サイトでのやりとりをして、なんとなく気になる存在になったから、これからもっと仲良くなりたいと思い連絡先交換をするケースが多いでしょう。

出会えるサイトと思って始める場合もあれば、そう思っていなかったけれど出会えてしまったようなことも。

ゲームの対戦相手として知り合う

ネットゲームで知り合うようなカップルもいます。普段から同じゲームを一緒にしていて、意気投合するパターン。どこに住んでいるのか知らないけれど、気が合うからもっと相手を知りたいと思い、連絡先を教え合うような場合も。

ゲームをして遊ぶだけのつもりが、そこで彼女や彼氏が出来た!というとても楽なパターンもあるのです。ネット恋愛のきっかけは、ネットゲームだったとお互いに言い合うようなカップルは、付き合ってからもネットゲームを仲良くしていたりするのでしょう。

 

まとめ

ネット恋愛のきっかけとして、よくあるものについてお伝えしてきました。ネット恋愛は誰にでもすぐに出来ますが、その分リスクもあることを理解しましょう。

相手を信用しすぎずに冷静に相手を見る必要があります。自分を守ることを優先する気持ちを持つようにしましょう。