出会い目的のSNSの特徴と注意点を理解しよう!

出会い目的のSNSの特徴を見分けて、嫌な思いをしないように注意しないといけない時代になりました。今では誰もが愛用しているSNSですが、コミュニケーションのツールとしてだけではなく、悪用している人も少なくありません。

SNSで知り合った人と恋愛をするケースも増えていますが、うまくいく場合はいいのですが、相手に振り回されて利用されてしまうことは避けたいですよね。でもそんな用心した態度では、なかなか新しい出会いはなく、素敵な恋愛や楽しい友達の輪を広げることができません。

どうやったら出会い目的のSNSの特徴が分かるのでしょうか。チェックしておきたい、いくつかのポイントを紹介したいと思います。

 

嘘をついている

出会い目的のSNSの特徴は、自分を良く見せたいために身体的な特徴や年齢など嘘をついていることが多い点です。SNSは写真とプロフィールが唯一の情報になり、正直に自分のことを公開する人だけでなく、出会いを求めて飾りつけしている人が多いですよね。

出会い目的のSNSは、人目を惹きやすいプロフィールがあり、経歴が素晴らしい人や珍しい趣味を持っているなど、何かと話題性になる点を意識しています。

こんなタイプと知り合ってしまうと、どこからどこまでが真実だかわかりません。SNSを純粋にコミュニティとして楽しんでいる人は多いですが、嘘をついてまで近づいてくるタイプの人は、何か後ろめたいことがあるのかもしれません。

 

異性とばかり会話をする

出会い目的でSNSを使う人の特徴は、いつも異性とばかり話をしているところです。世の中の出会いは色々な場所にありますが、仕事場や友達の紹介、学校などが多くネットの出会いは増えてはいます。そこから真剣な関係に進展するケースは少ないですよね。

出会い目的のSNSでは、異性ばかりとコンタクトを取る人には要注意です。友達が圧倒的に異性の方が多い人は、手あたり次第にどんどん知り合いを広げて、そのなかからじっくり選択しているかもしれません。

メッセージのやりとりでは、他の人との絡みが全然ないような素振りをして、なんとか真剣な交際を始めようとアピールしてきます。なんでもバレてしまうSNSは、気になる人のバックグラウンドを調べる方法としても活用すると良いですね。

 

恋愛に関した話題が多い

出会い目的でSNSを使う人の特徴は、いきなり恋愛の話に入ってくる点です。最初は適当な自己紹介で始まり、そのあとに付き合っている人がいるのか、好きなタイプについてなど何かと異性を意識するような話題ばかりを振ってくるのです。

友達として知り合う人ならば、たとえ異性でも話題はあらゆるジャンルにわたり、あまりプライベートな話をいきなりすることはありませんよね。

早く近づきたいという慌てぶりがわかる人とは、なるべくコンタクトを取らない方が良いでしょう。また異性の場合はあからさまに自分の恋愛経験の話ばかりをしてくる人もいます。本人を目の前にしたら、きっとそんな勇気は出ないはずですよね。

ダイレクトメッセージで周囲と切り離す

出会い目的でSNSを使う人の特徴ですが、個人的なスペースを作りたがるため、グループチャットでなくダイレクトメッセージで二人だけのコミュニケーションをしたがります。例えばTwitterでフォローした人から、いきなりダイレクトメッセージで色々と質問されたらちょっと引いてしまいますよね。

出会いを探している人は、他の人に自分の行動を知られたくない傾向があります。なにかと秘密を守り、気になる人とはできるだけプライベートな距離感を持ちたいのです。

こんなアプローチをされて迷惑な時は、グループチャット以外使用しないなど、できるだけ多くの人に知ってもらうと安心ですね。

 

断ってもしつこくメッセージを送ってくる

ネットで知り合う人と実際に会うこともたまにあるかもしれませんが、万が一のことを想定してとても慎重になりますよね。出会い目的でSNSを使う人の特徴は、実際にはできないことをネット上で仕掛けてきます。

その一つがしつこい連絡です。本当は気が弱くて自分から異性にアプローチできないタイプの人でも、ネット上なら自分で作り上げた架空の人物として、積極的に行動ができます。何度断られてもしつこくメッセージを送るような態度は、SNSだけでしか実現できないのです。

このようなタイプは、出会い目的以外のなにも期待していませんので、とにかくしつこくて困るときは、絶対に返信をせず無視し続けることがベストです。

 

まとめ

SNSは自分と気が合う人や同じ趣味など、コミュニティに参加してさらに楽しく知り合いを広げることもできます。出会い目的でSNSを使う人の特徴は、合コン系のコミュニティばかりに登場するなど、行動にある種のパターンが生まれています。

知り合った人に対してなんとなく疑いがある時は、そのまま距離感を保つか深入りする前にきっちり断ることが大切。相手が見えない付き合いだからこそ、万が一を想定して異性に対しては用心が必要な時もあるのです。